Bagel & Bakery SANCHA Blog

Bagel & Bakery in Phnom Penh, Cambodia from Japan

あんぱんとくりーむぱんの焼き色 ANPAN and Custard bun

time 2021/10/02

English follows.

SANCHA’s ANPAN $1.25 (center), Custard bun $1.25 (right hand)

サンチャのあんぱんは、胡麻がふんだんにかかっているのが目印です。胡麻をまぶしているのは、わたしの修業先パン屋さんのスタイルです。

ふつうは、表面に卵液を塗って、一箇所だけチョロっと胡麻を乗せるのが一般的だとおもいます。卵液を塗るのは、味のためではなく、濃いめに色づけるため塗ります。当時の社長がそれを好んではなかったので、うちは卵液を塗らないスタイルだったと聞きました。くりーむぱんも同じく、卵液を塗らないで、白く焼き上げていました。

そもそも当時の社長は、「美味しいパンの秘訣、それは、パン作りに必要な材料を必要なだけしか使わない」という考え方だったので、「色」のための卵液は必要ないと考えたんだと思います。もちろん、保存剤やパン改良剤もパン作りには不要なのでいれないです。

わたしも、「パン作りに必要な材料を必要なだけしか使わない」という考えを踏襲しております。今回もあんぱんやくりーむぱんは卵液なしのスタイルで仕上げました。

サンチャならではの、あんぱんとくりーむぱん、ぜひお楽しみください💕

ANPAN (sweet red beans inside) and Custard bun (custard cream inside) are very prevalent kinds of bread in Japan. Since I was a child, most of all bakeries have offered them.

Generally, liquid of egg yolk is spread on the top to make it colored dark.

SAMCHA follows my previous bakery in Japan and doesn’t spread egg yolk because spreading egg yolk is only for coloring, not for taste.

My boss at the previous bakery had a theory of “ Use only necessary ingredient with only necessary amount to bake in the right way”. I love and adhere this theory. Therefore we don’t put any preservatives nor bread improver. And this time we don’t put egg yolk.


にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
カンボジア情報はブログ村

カンボジア情報はブログ村。

BY CATEGORY

SEARCH

ARCHIVES

facebook