Bagel & Bakery SANCHA Blog

Bagel & Bakery in Phnom Penh, Cambodia from Japan

終わりよければ全て良しを考えてみました。All’s well that ends well

time 2018/09/28

42604114_154700415465920_4703132387624615936_n

 

日本語は下でーす♡

I forgot when I posted blog last time. It’s been so long. We say time flies. But this quite expresses how I feel really. Last August and September, there were so many events and happenings that I cannot even make public. I find two months ago as if it were 1 year ago. And yesterday feels as it were one month ago. So I feel like posting yesterday’s event here so that I won’t forget what I find.

Yesterday, two of my staff graduated from my bakery. They worked for 6 months only. But I have a huge mind of gratitude on them.

“All’s well that ends well” It’s the title of a Shakespeare play. Which means that a positive ending can overshadow any problems that may have preceded it. I like the sound and rhythm of the phrase itself. So I say it in my mind. Simultaneously, I feel a bit uncomfortable when I recall of its meaning. When I saw them off yesterday, I unearthed my original way to understand “All’s well that ends well”.

The meaning that I created is that the attitude that a person can make at the end is how beautiful, good, or bad the person was during his process down to a T. So I want to define that it’s not the end justifies the process, but it should be the end discloses the process. It occurs in 100% when mention is made of my experience.

Also, it might be found not only in my mind, but also in staff’s minds. When they feel “Awww.. I’m gonna miss here. It was great that I worked here.”, they made such a great performance, I guarantee. Also…. I don’t wanna mention the opposite version, but as y’know, vice versa.

It was a good lesson to me.

昨日で2名のスタッフが退職しました。

今回は、「終わりよければ全て良し」の響きがピッタリの、とても良い卒業の仕方だったと思います。

 

終わりよければ全て良し、

これ、好きなフレーズなんですが、シェークスピアの戯曲のタイトルなんですね。

リズムと響きが好きで、よく心で唱えたりしてます。

終わりが良ければ過程が多少アレでも、結果オーライ。というのが本来の意味だと思うのですが、

いつもなんとなく、この意味に違和感を感じてました。(でも、響きが好きだからつい唱えちゃう・・)

 

で、

昨日辞めていった子たちを振り返ったのですが、私なりの「終わりよければ全て良し」の解釈を作ってみました。

それは、

終わりが良ければ全てが正当化(?)されるようなのではなくて、

終わりが良いことは、その中身も本当に良かったということを、只々表してる  んだと思いました。

 

いままで、面接だけだと、100名、、、もしかしたら200名はいってるかも。

雇って辞めていった子たちの数でも、それなりの数に達してます。

面接のときに見抜けるほどの見極める力はないので、

蓋を開けてみたら、いろんなパターンの子たちが入ってきてるのですが、

辞める時は、100%の確率で、その子がどうだったかを表してると思いました。

その子自身も、ここで働けてよかったー楽しかったーと思えていたら、

それは100%の確率で、めちゃくちゃ良いパフォーマンスを出していた証拠でもあります。

 

ちなみに、前の職場も、前の前の職場も、わたしの終わりは良かったはず・・・と願って・・・信じてます。笑

でも、わたしも職場以外でいろんなところで迷惑かけてたんだろうな〜・・自分の教訓にしようと振り返りました。

fullsizeoutput_295b fullsizeoutput_294f fullsizeoutput_2952

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
カンボジア情報はブログ村

カンボジア情報はブログ村。

BY CATEGORY

SEARCH

ARCHIVES

facebook