Bagel & Bakery SANCHA Blog

Bagel & Bakery in Phnom Penh, Cambodia from Japan

クメール語の勉強。Khmer lesson

time 2017/01/17

クメール語をスタッフちゃんから習い始めて、早3ヶ月が経とうとしています。

まさにそのスタッフちゃんが今月末でいなくなってしまうので、いま必死です。

単語も、パン専門用語のアンベラ(クメール語で、ウェック ソムラップ デューア スノウ ノム といいます)から、

文は、「ある日、遅くまで仕事をした男性が帰りがけに、奥さんと自分用の手土産にケーキを買いに行きました。お店の閉店2分前に到着し、外から店内にあるケーキ、奥さんの好きなケーキを見つけました。しかし彼を見たスタッフが中から、ソーリーの一言で扉を締めてしまいました。結局、彼はケーキを買えずトボトボ帰っていきました・・・ケーキ1個は彼にとってどんな意味があるでしょうか。」という物語のようなものまで覚えました(笑)

ただ、つまづいている・・・

発音。

日本語は、もしかしたら世界一簡単な発音?と思ってしまうくらい、無い発音がたくさんあります。日本人が、いくら単語や文法、長文読解が得意でも、海外に出てつまづくのは、発音ができないから。英語のスピーキングやリスニングが、とても弱いです。

その壁に、クメール語でもつまづいています。

むしろ、英語より、難しいです。

 

たとえば、カキクケコのKの発音。

Kan (angry) カン(怒る)

SomKan (important) ソムカン(大事)

Jit-Kan (ride a bicycle) ヂッカン(自転車に乗る)

Kerrn(g) (find) カーン(見つける)

Rurr Kooh (or) ルーコー(もしくは)

Koun (child) コウン(こども)

ToultakKoh(k) Koh(k) (freezer) トゥルタッ コーコー(冷凍庫)

Koat (s/he) コアッ(彼・彼女)

Peak Kandal (half) ペアっ カンダル(半分)

Peel Kala (sometimes) ペール カラ(時々)

Khat (think) ガット(考える)

Khnyom (I) クニョム(わたし)

Knia (together) クニア(一緒)

 

日本語のカキクケコが1次元だとしたら、クメール語は4次元みたいな感覚です。

上に書いたアルファベットを読むと、カタカナ表記でわたしは発音してしまうのですが、違う「カ」だったり、「コ」だったりします。

しかも、「ン」の後にgの発音があったり、

gの発音を表記してあったけど、また違う文字に消されて、

「あるけど無い」状態になってたりします。(たえとば、日本語で、【タ】の上に濁点をつけて、【ダ】にしたけど、さらにその上に【’】をつけて、やっぱり【タ】と発音する・・・みたいな・・・雰囲気です。涙)

 

日本語のカタカナで、クメール語を表現するのは不可能。

英語のアルファベットを駆使しても限界を感じてきたいま・・・

 

たどりついた答えが、クメール文字も習う。

いやー正直、超きついです。

でも、こうすることで、習った単語も実践で使えるはずだし、それがなにより、勉強しているいちばんの理由なので・・・ということで、さいごのさいごで、文字勉強が始まりました(笑)

子音

I’ve been taking a Khmer lesson with one of my Khmae staff. She can speak English and she’s the one who is leaving. I’ve started it since the end of last October. It’s been 3 months. But y’know when we learn a foreign language it’s not an over-night work. But at any cost I got only one week with her to. So gotta make the most of what I can do with her. I learn many words and sentences that I might as well remember for I use them a lot in this work place. From a word “spatula”, “wek” in Khmae, to a line of “One day a man working till late at night went to a cake shop to buy some souvenir for himself and his wife. He visited there just 2 minutes in prior to its closing hour but suddenly a staff came out and said “sorry” and locked the door. He saw his favorite cake inside but eventually couldn’t buy one. He in disappointed went back. What do you think a piece of cake means for this man? brabrabra…”.

I kinda think that I can remember the word and the line. But the point is pronunciation. I’m Japanese and most probably Japanese language requires the smallest ranged pronunciations (I may be wrong, but not that far). That makes us very difficult to acquire other language’s pronunciation while we are very good in reading and writing. Sadly, speaking and listening is the hardest for us.

It happens to Khmae pronunciation, as well.

In my case, for example, I might have a problem with “K”-like-“G”-like-“Kh”-like-“Ng”-like-“Gk”-like-“Kg” sound. In Japanese letter those are written by one or at most two letter. Please see above and find “K” letter. And “n” letter at the bottom.

Some “K”s sound exactly the same with each other, while some other sound a little bit different. And “n” sometimes come with “g” sound subsequently, but sometimes the “g” sound is erased by other function.

Japanese letter cannot express Khmae pronunciation, neither can English alphabet.

So… Let’s learn Khmae letter.

Khmae letter seems very very VERRRRYYYY difficult to my eyes. But I wanna apply what I learn for the real conversation and this is the biggest and only a reason as to why I am learning it. And to top it off, my Khmae staff can do, I believe I can do.

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
カンボジア情報はブログ村

カンボジア情報はブログ村。

BY CATEGORY

SEARCH

ARCHIVES

facebook