Bagel & Bakery SANCHA Blog

Bagel & Bakery in Phnom Penh, Cambodia from Japan

2013年〜2016年のサンチャ Looking over SANCHA’s 2013-2016

time 2017/01/01

きょうは振り返りです。

サンチャの過去を振り返るとき、自然と頭のなかに浮かんできたものはパンではなく、スタッフたちでした。(おかしいな・・・パンのことのほうがもっと考えていたはずなのに・・笑)2013年からのサンチャの軌跡を、スタッフをもとに、簡単に振り返りたいと思います。

When I look over this year, I recall history of staff, though I thought I would recall a lined-up bread that I put out into the world.

-In 2013-
7月にスタートし、約1ヶ月後にはじめてのスタッフを雇いました。さいしょの1ヶ月は、クメール人への接し方・教育の仕方がまったくわからず、とりあえず「なにも注意しない」にしました。
I opened SANCHA’s door and hired a staff for the first time in my life after I experienced working alone which was quite hard to continue. I had no idea of how to deal with the first staff. Eventually I couldn’t even point out some bad working attitudes like not responding to her boss, me.

-In 2014-
2014年は、多くのクメール人と会って面接をたくさんし、たくさんのひとを雇い失敗(すぐ辞職やこちらからの解雇)をしました。そのなかで前年からこの年にかけてついてきてくれた(生き残ってくれた)ほんの2名3名の女の子たちが、その後、サンチャの基盤を作ってくれることになります。
I got myself many interviews with many Khmae girls to hire. And I managed to meet those who would make the base of how SANCHA-now to be.

-In 2015-
2015年5月、お世話になっている方そして素敵なご縁のおかげで、いまの工房に移りました。

この年の良かったベスト2は、

●いまの工房に移れたこと(ほんとうにありがとうございます!)

●良い男性スタッフの採用に成功したこと! です。

逆にワーストニュースは、この当時いちばん支えになっていた古株スタッフが、年末で辞めることになったこと!うわーーー・・・サンチャの歴史のなかでもいちばんショックだったな〜。でもこの古株スタッフは、辞める6ヶ月以上も前に知らせてくれたおかげで、新人の採用・教育・新規オペレーションの導入をする大きな分岐点、サンチャを前進させる大きなできごとになりました。さいごまで、サンチャ想いの良いスタッフでした。

After some moving-ins and moving-outs, SANCHA finally got a blessing to move into the present venue. SANCHA was consisted by female staff for 100% till November in 2015 and got the first male staff at the end of this year. But I had not only pleasant news but also unhappy matters like in May this year the oldest staff who was No.1 in skill told me that she was leaving at the end of this year. It was blessing in disguise that she confessed me it more than 6 months before and I got enough time to educate other staff and rebuild an operation.

-In 2016-
2016年さいしょの半年は、スタッフが続けざまに辞めていく時期でした。

雇わなきゃ。

でもお客様は増えていく・・・完売になってしまう・・・

もっと作らなきゃ。

そして、本店以外でもカフェ・レストランからの大量発注・・・

工房がいちばん忙しい早朝のマート十箇所へのデリバリー・・・

とてもとてもありがたいことなのに・・・

なにもかもが追いつかない・・・

工房にスタッフひとり、

レジにスタッフひとり、

配達にスタッフひとり・・・というのは、イコール、

「わたしがぜんぶ見なきゃ回んない」です。

すべての現場の第一線にいられるのは、パン職人としては本望だし楽しいのですが、全体をみたり、わたししかできない仕事がおろそかになってしまう点では、致命的でした。

恐怖しかない気持ちでまいにちを過ごし、だした答えは

 

ほぼすべてのマートでの販売をやめよう

ほかのことも、できるかぎりゼロにリセットしよう

できるかぎり教育に力を注ごう

 

おかげで、どうにか立て直った・・・!!!よかった・・・

新年を迎えるまで安泰だ・・・

とおもったら、こんどは第二の古株スタッフが卒業することになりました。

ま、そんなもんです(笑)

でも、ここで気づいたことがあります。

辞めてしまうスタッフが良いスタッフであればあるほど、とても有り難い置き土産をしていってくれるということ。

さいしょの古株スタッフは、オペレーションを一新するきっかけをプレゼントしてくれました。

第二の古株スタッフが辞めると聞いた3ヶ月前から、わたしはクメール語を話したいと重い腰をあげることができました。

 

でも、やっぱり、本音は、5年くらい同じスタッフがいいなー!ですがね〜笑

 

さて、2017年はどうしましょう・・・

とりあえず、なにが正解かわからないので

できるかぎり、いろんなチャレンジをしてチェンジをしてみます。

たとえば、個人のフェイスブックへの投稿をやめて、ブログを再開するとか・・・

自炊で使う出汁も昆布でとるとか・・・そんな小さなチャレンジから!

それでは、さいごは、先日スタッフが撮ってくれた写真です。どうぞ♡

The first six months of 2016, not only new staff but some, but not just a few, who-seemed-stable and who-seemed-to-be-hope staff resigned without a break. Wether coincidence or not, wether intentionally or unintentionally, it happened right after I came back from Japan in January as if a one-week trip to my homeland were a trigger. But fortunately, the last six months also gave me chances to meet even better staff from female to male. This coming month, January 2017, the oldest staff as of now who can speak English and has worked here for entire three years, which means she is the only one who knows most of the history that I showed above, will leave here. Truly it is not a happy news either. But what I come to believe now, thanks to a bunch of lessons I had in the past here, that when a good staff leaves here, it’s also all the ways in which I improve myself and the whole bakery. Like just thanks to the news of her leaving in three months, I finally made my mind to learn Khmae. “Men enjeng tei, knyom ot aart nijey chiemui bokhrat knyom, haui nen, knyom men den pee arom koat tei.” meaning that “Otherwise, I won’t be able to communicate with my staff nor cannot understand his/her feeling.”

To 2017, I am just so excited on what you will challenge on me.

Bring it on!

No!!! Just KIDDING!

I have never said that!

Well this year ahead, I will try on myself in a different way than before. I have no idea what’s a good way nor an answer, maybe ANSWER doesn’t exist in it, I believe that someday I will see the one in a thousand of challenges. So I will just

CHALLENGE and CHANGE

15801639_941918082605698_1792268646_n 15800915_941918055939034_856350713_n 15820067_941918299272343_1493403625_n 15782339_941918969272276_2070602261_n

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
カンボジア情報はブログ村

カンボジア情報はブログ村。

BY CATEGORY

SEARCH

ARCHIVES

facebook