Bagel & Bakery SANCHA Blog

Bagel & Bakery in Phnom Penh, Cambodia from Japan

ストライキから生まれた「デニッシュ」Bread, ascribed to a strike.

time 2016/05/17

一度販売開始したものの、美味しさを求めて、いったん引っ込めたSANCHAのシナモンロール。常に30℃を超える工房のなか、ぜったいに折り込み生地(クロワッサンやデニッシュなど、バターを折り込んでつくる生地)は、できない、やらない、難しいということだったのですが、やはりシナモンロールの試作でさいごにたどり着いたのがデニッシュ生地。生地を触る前は、手を氷水につける・・・などなど工夫しながら作ることにしました。(折り込み生地の適温は18℃以下です。)

「デニッシュ」のパン
日本では1960年代〜あるご夫婦が始めたパン屋(いまのアンデルセン)のおかげで、みんな知ってるパンとなりました。でも、カンボジア人に「デニッシュ」と言っても知ってる方はまだ少ない・・・SANCHAスタッフに「デニッシュ」と言ってもピンときません。

SANCHAスタッフには、じぶんが作るパンがどんなパンなのか知って作ってほしい。と、それがどこから来たかも含めて、スタッフに説明したいと思いました。わたしも、スラスラ〜〜と答えられるかなと思ったのですが・・・オランダとデンマークとネザーランド(オランダと同じw)と、わからなくなってしまい(汗)、地図からちゃんと調べ直しました^^;;

I was supposed to launch “Cinnamon Roll” coming with sweet soft bread dough, I suspended for I wanted to pursue deliciousness. And it turned out the one with Danish. Danish, it’s a multilayered, laminated sweet pastry. As using much butter to make beautiful multilayers, room temperature is better under 18 degree. It’s impossible to have it unless we have a very special room for it. So I didn’t take Danish at the first place. But eventually I found it the most scrumptious especially on Cinnamon Roll….. (We’ll make one with some techniques to make it good.)

Anyway, I want my staff to know what we are making. And where it comes from.

Danish. It’s quite popular and well prevalent among the world. It was adopted to a Japanese bakery in 1960s. And, I believe most of Japanese know what it is. However, it’s not in Cambodia. Most likely many of them don’t know. Neither did my staff.

Put plainly, it’s bread of a country,  “Danish”.

But we need to know more as it is not simply from Danish country. The origin of the Danish is often ascribed to a strike amongst bakery workers in Denmark in 1850. The strike forced bakery owners to hire workers from abroad, among them several Austrian bakers, who brought along new baking traditions and pastry recipes. Danish bakers adopted the Austrian recipes, adjusting them to their own liking and traditions by increasing the amount of egg and fat for example. This development resulted in what is now known as the Danish pastry. (Cf. Wikipedia)

europe_map

平たく言うと、デニッシュは、デンマークのパンです。

でもそもそもは、オーストリアからきました。1850年代、デンマークではパン製造員によるストライキが起こり、パン屋オーナーは、ローカルを雇えず、外国からのパン製造員を雇うことになりました。そのなかにいたオーストリアの職人が自国から新しいパンやスイーツのレシピを持ってきました。デンマークのパン屋では、そのレシピを、デンマーク人の舌にもっと合うように改良して、現在の「デニッシュ」が生まれました。

なんと、いま私たちが美味しい美味しいと楽しめる「デニッシュ」はストライキの副産物なんです!(くわしくは、wikiを見てくださいね〜)

IMG_3758

 

The above are what I found in Vienna, Austria in 2012 while I was traveling Europe. Truly, they look like Danish! It’s really interesting that those were born before Danish!! “zimtschnecke” is Cinnamon Roll in German. Thanks to this history, people can enjoy Danish and Cinnamon Roll. So does SANCHA. 🙂

上の写真は、わたしが旅中(2012年)に、オーストリアのパン屋で撮影したパンです。

左のパンは、ケシの実のぐるぐるパン。(かもめ食堂に出てくるシナモンロールと同じ成型ですね。)

右のパンは、シナモンロール。ドイツ語でシナモンロールは「zimtschnecke」みたいです。

たしかに、デニッシュっぽい!むしろ、このパンの方が、先に生まれたんですね。歴史の勉強は苦手でしたが、こうやって、パンのルーツをたどるのは楽しいです♡

SANCHAも、このデニッシュの恩恵を受けて、こんどからシナモンロールを提供します♡では〜

IMG_0008

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
カンボジア情報はブログ村

カンボジア情報はブログ村。

BY CATEGORY

SEARCH

ARCHIVES

facebook