Bagel & Bakery SANCHA Blog

Bagel & Bakery in Phnom Penh, Cambodia from Japan

スタッフの頑張りと、夢が叶うノート ”If you think you’re outclassed, you are.”

time 2015/11/23

うちのスタッフ、まいにちすんごいがんばってるんです。
イメージ 42
私より早く起きて(遠い)
5分前集合して(じゃないと10分説教と声出し訓練が始まる..)
肉体労働だし(重い)
土日も働いてくれるし(パン屋)
休憩時間以外ぼーっとする時間ないし(頭もフル回転)
欠勤するときでも2日前申請してくれるし(たまにそうでもないけど)
そして続けてくれる子達(続ける子達もいるおかげで成り立ってます)

First thing first, I wanna give a big compliment towards my staff who:

Get up earlier than me (their home afar); Come 5 minutes before (sometimes not though); Work including on Saturdays and Sundays despite exhausting labor; Inform me 2 days prior to the day to be absent (sometimes not though); Continue working while some other staff quit very soon

You will know how I feel for that once you hire a staff…. It means a lot. More thankful, more grateful and even more inspiriting than hundreds of gift.

写真
そんな折、あるお客様のお子様がわたしに
「あしたからお出かけなんだ〜」と嬉しそうに教えてくれました

 

サンチャは、水祭り期間中も営業する予定でしたが、お子様の嬉しい顔を見たら
うちの子達にも、こういう嬉しい気持ちになってほしいなあ・・・と思いました
なので、有休とすることに(急ですが、24日と25日はSANCHA本店はクローズします。でも、パンは毎日作るのでマートには置いてます。)

そして、わたしがスタッフに対する、嬉しいとかありがとうという気持ちを伝えるのに、ボーナスだけじゃなく

みんなの将来につながるノートをあげることにしました

One day I heard one of our valuable customer’s child saying “I’m gonna go on trip~~~~~~~!” with a sound of glee, with a big smile. That impressed me looking over my staff.

It would be nice, not only a bonus, if those who work on Saturdays and Sundays with no complain have paid leave during Water Festival. So I let them have day-off alternatively. (We still bake everyday, so bread will be available at marts everyday as usual!)

Plus, I bought them a nice, excellent, good quality, my favorite notebook.

イメージ 41このノートに、叶えたい夢を書くと

なんと

 

 

叶う!(ほんとうです。信じるものは救われる。)

サンチャのカンボジア人スタッフには、このノートに
●3年後のなりたいじぶん
●2年後・・・・
●1年後・・
●さいごに、1ヶ月後(12末)
を書いてもらうことにしました。

Believe it or not this notebook makes your dream come true. I told them to think of SELF. Think well of SELF in the future. All they need to do are;

– Imagine them in three years of how/what/where they want to be.

– Then going back. How about self in two years.

– Then once more. How about it in one year.

– Then, how about the end of this year.

– Write them down in this notebook.

 

でもなんだかピンときてなさそうだったので・・・笑
どうしてこれを書くことが必要か説明しました↓↓↓↓↓↓↓↓
イメージ 43
「みんな、なんらかの道に進んでくけど、なんとなく過ごしてるといつも将来がボヤ〜ッとしてるでしょ でも、3年後こうなってたいっておもって、じぶんで決めるの。じゃあ2年後は?じゃあ1年後は?
ってじぶんに聞いてみて、なりたいじぶんを思い描いて、ワクワクする
さいごに、今年の終わりのじぶんも想像してみる
それをぜんぶこのノートに描くと、ぜんぶ叶うの
ほんとに叶っちゃうから よく考えてね」

You go somewhere. Sometimes, it seems “stop”, but you move on at any cost as a clock gains time. If you don’t think of any in the future, the future is always vague. And future-you may not be the one you want to be. Here is my favorite quote by Napoleon Hill. (I learned it at the age of 22.)

“If you think you are beaten, you are……. Success begins with a fellow’s will – It’s all in the state of mind.” cf: http://www.goodreads.com/quotes/1033193-if-you-think-you-are-beaten-you-are-if-you

So imagining self of how you want to be is a must, I believe.

「それから、同じくこのノートに、お母さんでもお父さんでも、親への感謝の手紙を書く。渡さなくていいから。感謝の気持ちを感じて、手紙を書く。」
親への感謝の手紙を書いてもらうのは、感謝の気持ちを持ってほしい、振り返ってほしい、わすれないでほしいという願いをこめて。
なにをするにも、
「あのひと嫌いだし、あいつむかつくし・・」って思いよりも(笑)
「お母さんに恩返ししたいから、がんばろう。」って気持ちって
なにより自分の励みになるし、プラスだとおもうので
ま、わたしもまだ書き終わってないので偉そうなこと言えませんが(笑)
それでは、休暇後、スタッフがまた無事に戻ってくることを願って、夕飯の買物にいってきます

Finally but not less importantly

– Write a letter for parents of gratitude.

Being thankful towards someone inspires us. That gives us more power than animosity. This time, I set the one they feel grateful as their parents because Mom/Dad are the ones to think of their kid the most. (For sure, they just write down in this notebook. Not necessary to give it to theirs because just holding such a mind is important.)

I wish that they will come back to SANCHA’s factory safe after the day-off.

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
カンボジア情報はブログ村

カンボジア情報はブログ村。

BY CATEGORY

SEARCH

ARCHIVES

facebook